女性の年収偏差値

統計

女性の年収偏差値

この項では民間企業に勤める女性の年収の偏差値を示しております。

他の人はいくらくらい稼いでいるのだろうか?
自分の給料は多い方?上位からどれくらい?など疑問に思ったことがあるかと思います。
そこで勤め人の年収データを偏差値に換算してみました。

※国税庁の民間給与実態調査を参照しております。
※年代別の中央値は上記データと、厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に算出したものです。目安として捉えていただければ幸いです。



女性の年収偏差値

75以上 1,500万円以上 (上位0.1%)

74以上 1,000~1,500万円 (上位0.7%以内)

72.5~ 900~1,000万円 (上位1.1%以内)

女性の年収分布

71~  800~900万円(上位1.7%以内)

68.8~ 700~800万円(上位2.9%以内)

66~  600~700万円(上位5.2%以内)

62.6~ 500~600万円(上位9.9%以内)

59.2~ 400~500万円(上位18.9%以内)

53.6~ 300~400万円(上から34.8%以内)

48.6~ 200~300万円(上から56.9%以内)
※2番目に多い

40.2~ 100~200万円(上から83.1%以内)※1番多い

40未満 100万円以下(上から100%以内)※3番目に多い

65%以上の女性が300万以下の年収です。

年収300万円台のOLって普通に見えますが、まだ恵まれている方みたいですね。

ただ、女性には出産、子育てと仕事をストップする期間もあり、それも影響していそうです。
女性の非正規雇用(パートや派遣など)の割合は、女性全体の56%と男性より高め
パートの人も多く、それも影響しているようです。



年齢別平均と中央値

女性

女性全体の平均:272万円 中央値:245万円

20代前半 231万円 227万円
20代後半 297万円 289万円
30代前半 301万円 288万円
30代後半 293万円 275万円
40代前半 290万円 267万円
40代後半 290万円 258万円
50代前半 291万円 249万円
50代後半 270万円 231万円
60代前半 227万円 188万円
60代後半 201万円 161万円

年齢別平均と中央値を見ると、女性は男性ほど年齢による収入差がありません
ピークとしては30代前半あたり。

それにしても男性に比べて随分少ない年収です。男性の53%程度でしょうか。
家事育児のため、パートで働く人が多いのも理由の1つと考えられます。
※女性の非正規雇用は女性全体の半数以上となっています。

これなら結婚して経済的に安定したいという女性の気持ちも分かりますね。

ちなみに最近の男性は、8~9割が共働きを希望しています。
しかしその多くの男性は、パートナーの年収にはこだわりがないようです。
強いて言えば200~300万円くらいでしょうか。
ちょっとでも家計を助けてくれたらありがたいという感じが漂っています。


↑ PAGE TOP