一人暮らしの貯金偏差値(50代版・60代版)

統計

一人暮らしの貯金偏差値(50代版・60代版)

お金

50代、60代の一人暮らしの貯金偏差値です。
この年代は独身の方は少ないと思いますが、離婚する方が増えてきます。
そのため、男女ともに高齢者の一人暮らしのケースがよく見られます。

この年代は長期に渡って働いてきたので、お金も貯まっていることでしょう。
離婚や死別の方は、個人差がありそうです。

※金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成29年)」を
参照しております。

※金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[2人以上世帯調査](平成29年)」を
用いて家族持ちの方と比較しております。



50代一人暮らしの貯金偏差値

貯金額の分布(50代の一人暮らし)
一人暮らしの貯金分布

61.5~ 3,000万円以上 上位12.7%以内
(2番目に多い)

59.3~ 2,000~3,000万円未満 上位18.0%以内

57.5~ 1,500~2,000万円未満 上位22.6%以内

55.5~ 1,000~1,500万円未満 上位28.4%以内

53.9~ 700~1,000万円未満 上位34.5%以内

52.3~ 500~700万円未満 上から41.3%以内

52.2~ 400~500万円未満 上から41.6%以内

51.5~ 300~400万円未満 上から44.1%以内

50.8~ 200~300万円未満 上から47.6%以内

49.5~ 100~200万円未満 上位52.7%以内

48.5~ 100万円未満 上から56.0%以内

貯金ゼロ 残り43.0%(一番多い)

その他無回答 1.0%

平均貯金額:1,342万円
中央値:130万円(上から50%くらい、つまり真ん中)

一人暮らしの50代でも貯金がない方が4割強おられます。
やはり家族持ち(3割程度)に比べて多い傾向にあります。

まだ住宅ローンが残っている方やこの年齢で住宅を購入する方もおられそうです。
その一方で50代の一人暮らしの3.5人に1人が1,000万円以上の貯金をお持ちです。



60代一人暮らしの貯金偏差値

貯金額の分布(60代の一人暮らし)
60代の貯金分布

59.3~ 3,000万円以上 上位17.4%以内
(2番目に多い)

57.2~ 2,000~3,000万円未満 上位23.4%以内

56.2~ 1,500~2,000万円未満 上位27.2%以内

53.5~ 1,000~1,500万円未満 上位36.0%以内

52.8~ 700~1,000万円未満 上位39.8%以内

50.7~ 500~700万円未満 上から46.4%以内

50.5~ 400~500万円未満 上から47.9%以内

50.0~ 300~400万円未満 上から50.0%以内

49.5~ 200~300万円未満 上から52.8%以内

48.5~ 100~200万円未満 上位57.1%以内

46.9~ 100万円未満 上から61.9%以内

貯金ゼロ 残り37.3%(一番多い)

その他無回答 0.9%

平均貯金額:1,835万円
中央値:300万円(上から50%くらい、つまり真ん中)

一人暮らしの60代でも貯金がない方が4割近くおられます。
退職金があまり出なかったとか全くなかった人など厳しいかもしれませんね。
また、住宅ローンが残っている方もおられるようです。

60歳定年から65歳の年金支給まで貯金で食いつなぐ人やパートで何とかという人もおられることでしょう。いずれにしても60代で貯金ゼロというのは心細いものであります。

一方、家族持ちの60代は貯金ゼロが3割弱
2,000万円以上貯金をされている方は、一人暮らし・家族持ちとも2割以上でした。




↑ PAGE TOP