30代世帯の貯金偏差値(2人以上世帯)

統計

40代の貯金偏差値と分布(2人以上世帯)

40代世帯の貯金偏差値です。
40代前半(40~44歳)と40代後半(45~49歳)とに分けております。

※偏差値とは自分が上位から何%くらいにいるのかの目安となるものです。

※偏差値は貯蓄から負債(借金等)を差し引いた純貯蓄額で表示しております。
※総務省統計局による2017年調査のデータを参照しております。
※2人以上世帯のデータです。世帯全員(主に夫婦)合わせた純貯蓄額です。
一人暮らしのデータはこちらです。



40代前半世帯の貯金偏差値(負債込み)

負債込みの貯蓄額の分布(40代前半)
40代貯金

64.3~ 2,000万円以上 (上位7.4%以内)

61.6~ 1,500~2,000万円
(上位11.8%以内)

59.2~ 1,000~1,500万円
(上位18.1%以内)

56.7~ 700~1,000万円 (上位24.9%以内)

55.3~ 500~700万円(上位29.0%以内)

53.6~ 300~500万円(上位35.6%以内)

51.7~ 100~300万円 (上から42.9%以内)

49.7~ 0~100万円未満 (上から50.5%) ※この辺が負債込みの中央

48.2~ -300~0万円未満(上から57.6%)

46.7~ -700~-300万円(上から62.9%)

46未満  -700万以下(上から100%)※ここが37%を占めます。

この年代の世帯は、49.5%がマイナス側。
この年代も半数近くが負債の方が多いようです。
住宅ローンを返済中の家庭も多く、子育てにもお金がいりそうです。
負債込みの純貯蓄額の中央値は10万円くらいと推定

負債抜きの平均貯蓄高は934万円、中央値630万円。
前年度に比べて平均は-6万円、中央値は+23万円となりました。

負債抜きのデータを見てみると、4,000万円以上の資金がある世帯は2.2%、3,000~4,000万円は1.77%、2,500~3,000万円は2.58%、2,000~2,500万は4.5%くらいでした。

このデータから、40代前半の世帯で2,000万円以上資金がある世帯は約1割いらっしゃることが分かります。1,000万以上を入れると2割くらいになります。
40代前半では約4%しかアッパーマス層(3,000万円以上の資金持ち)はいません



40代後半世帯の貯金偏差値(負債込み)

負債込みの貯蓄額の分布(40代後半)
40代後半貯金

62.5~ 2,000万円以上
(上位12.7%以内)※2番目に多い

59.3~ 1,500~2,000万円 (上位17.9%以内)

57.4~ 1,000~1,500万円 (上位23.5%以内)

54.5~ 700~1,000万円(上位32.0%以内)

53.3~ 500~700万円(上位37.8%以内)

51.6~ 300~500万円(上位43.8%以内)

50.1~ 100~300万円 (上から50.1%以内)※この辺が負債込みの中央値

48.4~ 0~100万円(上から56.6%以内)

46.5~ -300~0万円(上から63.4%以内)

44.8~ -700~-300万円(上から69.8%以内)

44未満  -700万以下(上から100%)※ここが30%を占めます。

この年代の世帯は、43%がマイナス側。この年代も半数近くの世帯が負債の方が多いようです。
住宅ローンを返済中の方も多く、子どもの進学などもあり何かと物入りのようです。
負債込みの純貯蓄額の中央値は105万円くらいと推定

負債抜きの平均1,300万円 中央値805万(負債を抜いたもの)
前年度よりも平均も中央値も増えています。

負債抜きのデータを見てみると、4,000万円以上の資金がある家庭は5%、3,000~4,000万円は4.7%、2,500~3,000万円は3.3%、2,000~2,500万は5.1%でした。
40代後半の約9.7%の世帯がアッパーマス層(3,000万円以上の資金持ち)の仲間入りです。



SBIソーシャルレンディング

↑ PAGE TOP