30代世帯の貯金偏差値(2人以上世帯)

統計

30代の貯金偏差値と分布(2人以上世帯)

30代の方の貯金偏差値です。
30代前半(30~34歳)と30代後半(35~39歳)とに分けております。

※偏差値とは自分が上位から何%くらいにいるのかの目安となるものです。

※偏差値は貯蓄から負債(借金等)を差し引いた純貯蓄額で表示しております。
※総務省統計局による2018年平均結果のデータを参照しております。
※2人以上世帯のデータです。世帯全員(主に夫婦)合わせた純貯蓄額です。
1人暮らしのデータはこちらです。

※この年代の年収別貯金額(平均と中央値)は金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」を参照しております。



30代前半世帯の貯金偏差値(負債込み)

負債込みの貯蓄額の分布(30代前半)
30代前半

67.4~ 2,000万円以上
(上位3.8%以内)

66.8~ 1,500~2,000万円 (上位4.9%以内)

62.4~ 1,000~1,500万円 (上位10.1%以内)

60.3~ 700~1,000万円(上位14.9%以内)

58.8~ 500~700万円(上位19.0%以内)

55.7~ 300~500万円(上位28.3%以内)

52.2~ 100~300万円(上から41.7%以内)※2番目に多い

49.4~ 0~100万円(上から52.4%以内)※3番目に多い

48.2~ -300~0万円(上から56.7%以内)

47.8~ -700~-300万円(上から58.2%以内)

47未満  -700万以下(上から100%)※ここが40%を占めます。

この時期にマイホームを購入する世帯が多いせいか、マイナス側の方が半分近くを占めています。
負債込みの純貯蓄額の中央値は80万円くらいと推定

負債抜きの平均貯蓄額は637万円、負債抜きの中央値は371万円。
負債抜きのデータを見てみると、30代前半で3,000万円以上の資金がある世帯は1.4%でした。
2,000~3,000万円の資金がある世帯は約4%くらいでした。



30代後半世帯の貯金偏差値(負債込み)

負債込みの貯蓄額の分布(30代後半)
30代後半貯金

67.8~ 2,000万円以上
(上位3.7%以内)

66.2~ 1,500~2,000万円
(上位5.0%以内)

63.2~ 1,000~1,500万円
(上位9.4%以内)

61.0~ 700~1,000万円(上位13.6%以内)

58.7~ 500~700万円(上位19.1%以内)

56.3~ 300~500万円 (上位26.0%以内)

53.7~ 100~300万円(上から35.4%以内)※2番目に多い

51.7~ 0~100万円(上から43.0%以内)

50.7~ -300~0万円(上から47.4%以内)

49.8~ -700~-300万円(上から51.8%以内)

49未満  -700万以下(上から100%)※ここが49.5%を占めます。

前年度より-700万円以下の割合が増えました。
実に半数近くです。

この年代は57%がマイナス側。半数以上が負債持ちのようです。
結婚してしばらくお金を貯めてマイホームを購入する人がいたり、ローンを返済中の方もおられそうです。負債込みの純貯蓄額の中央値は-500万円くらいと推定
マイナスを割り込むカタチとなりました。

負債抜きの平均貯蓄額は670万円、負債抜きの中央値は457万円。
負債抜きのデータを見てみると、30代後半で3,000万円以上の資金をお持ちの方は1.9%でした。


SBIソーシャルレンディング


30代の年収別貯蓄額

年収300万円未満→平均:235万円 中央値:210万円

年収300~500万円未満→平均:443万円 中央値:350万円

年収500~750万円未満→平均:670万円 中央値:510万円

年収750~1,000万円未満→平均:940万円 中央値:560万円

年収1,000~1,200万円未満→平均:3,239万円 中央値:1,380万円

年収1,200万円以上→平均:1,537万円 中央値:1,369万円


30代の貯蓄 まとめ

この年代は、住宅ローンの支払いを開始する方が多いので、貯蓄から負債(借入金)を差し引いたらマイナスになる方が約半数いらっしゃいます。


↑ PAGE TOP