一人暮らしの貯金偏差値(全体版・20代版)

統計

一人暮らしの貯金偏差値(全体版・20代版)

お金

年々、晩婚化・非婚化が加速し、独身の一人暮らしが増えています。
また、最近は離婚も多い傾向にあり、一度は結婚したものの、一人暮らしに戻ってしまった人も多いようです。

一人暮らしの方は家族持ちの人に比べて生活費がかからず、貯金しやすい傾向にあります。
そんな独身の一人暮らしの貯金額は一体どれくらいなのでしょうか。

今回も年代別に調べてみました。

※金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成30年)」を
参照しております。

※金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[2人以上世帯調査](平成30年)」を
用いて家族持ちの方と比較しております。



全年齢層の貯金偏差値

貯金額の分布(一人暮らし全体)
2018年全体

64.5~ 3,000万円以上 上位7.2%

62.0~ 2,000~3,000万円未満 上位11.2%以内

61.2~ 1,500~2,000万円未満 上位13.2%以内

59.1~ 1,000~1,500万円未満 上位18.3%以内

57.7~ 700~1,000万円未満 上位21.9%以内

56.4~ 500~700万円未満 上位26.5%以内

55.5~ 400~500万円未満 上位28.6%以内

54.5~ 300~400万円未満 上位32.1%以内

53.4~ 200~300万円未満 上から36.4%以内

51.7~ 100~200万円未満 上から43.5%以内

47.8~ 100万円未満 上から58.8%以内(2番目に多い)

貯金ゼロ 残り38.6%(最も多い)

その他無回答 2.7%

平均貯金額:744万円
中央値:50万円(上から50%くらい、つまり真ん中)

全体で見ると、一人暮らしのケースでは、なんと4割近く貯金がない人がいらっしゃいます。
2人以上世帯だと2割くらいが貯蓄がありません。
この日本に住んでいて貯金が50万円以上ある人は恵まれている方かも知れませんね。

家族持ちは貯金がない人が3割なのに対して、一人暮らしは4割近くが貯金ゼロです。



20代一人暮らしの貯金偏差値

貯金額の分布(20代の一人暮らし)
20代一人暮らし 貯蓄

75以上 3,000万円以上 上位0.2%

75.5~ 2,000~3,000万円未満 上位0.4%以内

75.0~ 1,500~2,000万円未満 上位0.6%以内

71.0~ 1,000~1,500万円未満 上位1.7%以内

68.5~ 700~1,000万円未満 上位3.1%以内

66.0~ 500~700万円未満 上位5.4%以内

65.1~ 400~500万円未満 上位6.5%以内

62.4~ 300~400万円未満 上位10.7%以内

60.4~ 200~300万円未満 上位14.9%以内

56.6~ 100~200万円未満 上位25.1%以内

49.4~ 100万円未満 上から52.1%以内(2番目に多い)

貯金ゼロ 残り45.4%(1番多い)

その他無回答 2.7%

平均貯金額:128万円
中央値:5万円

20代の一人暮らしの半分近くが貯金がないようです。
2人以上世帯では3割強が貯蓄がありません。
20代ではちょっとでも貯金がある方は恵まれている方ですね。

20代前半は社会人スタートしたばかりの人が多いので、まだ給料も少なくお金も貯まっていない人が多いことと思われます。



↑ PAGE TOP